はるか10億キロ離れた極寒の大地で
1997年に打ち上げられてから7年の旅を終えて探査機ホイヘンスが先週、土星の最大の衛星タイタンに着陸した。着陸の直前直後にタイタン表面の写真を撮影し地球に向けて送信してきたが、メタンの海かもしれない写真などが非常に興味深い。しかし一番わくわくするのは、自動車程度の大きさの探査機が今この瞬間も10億キロ離れた極寒の氷の大地の上に静かに着座している様子を想像したときだ。この探査機はその創造者(つまり人類)が絶滅した後もずっとそこにとどまり続けるのだろう。

e0060278_23451397.jpg(下の英文が原文で上の文はその訳文です)
After a seven-year journey since its launch in 1997, last week the space probe Huygens finally landed on Titan, the largest moon of Saturn. Right before and just after the landing, it took pictures of the surface of Titan and sent them back to Earth. What they show, such as a possible methane sea, is exciting but I'm most thrilled when I imagine the car-sized probe, now at this very moment, sitting silently on the icy ground of the frigid world one billion kilometers away. It will probably stay there long after its creator has become extinct.

(追記)
あまりにも過去のニュースですみません。英文を書いたのはこの出来事の2~3日後です。「10億キロ」「自動車程度」、これらについては英文を書いたときにネットで調べた情報ですが正しいかどうか...。何せ、あくまで英語を書く練習が第一の目的なので...。
[PR]
by cbx400fk | 2005-08-30 19:44 | 思ったこと
<< 河口湖畔のペンション 動物も笑う!? >>