京都通い
数年前の一時期、まだ神戸に住んでいたころ、毎週京都に通っていた。目的は読書。読書のためだけでわざわざ京都まで行く必要はなかったが、そのときはできるだけ洋書をたくさん読むと決めていたので、何時間でも読書に集中できる特別な環境が欲しかった。京都通いはそんな読書環境を提供してくれた。京都~神戸の電車での往復と京都市内の繁華街にあるお気に入りの喫茶店。行くたびに合計で数時間読書できた。

e0060278_12402095.jpg(下の英文が原文で上の文はその訳文です)
I went to Kyoto every week for a period of time several years ago when I lived in Kobe. The purpose was for reading. I didn't need to go all the way to Kyoto just for that, but during that period, I was determined to read as many paperbacks in English as possible, and wanted a special environment where I could concentrate on reading for hours. A trip to Kyoto gave me such a reading environment: the train to and from Kyoto, and my favorite coffee shops in downtown Kyoto once I got there. On each occasion I managed several hours of reading altogether.

(追記)
京都へは阪急を使っていて、京都の繁華街とは阪急四条河原町あたり、喫茶店とはドトールのことです。あのあたりにはドトールが何店もあるので1日に2、3店ドトールをはしごしていました(ちゃんと"shops"と複数にしています)。丸善にもよく立ち寄って洋書(特にSFもの)を買っていました。写真は京都地下鉄の特別カラーの車両です。英文とは直接関係ありませんが、京都らしいかなと思ってのせておきました。
[PR]
by cbx400fk | 2005-08-30 01:32 | 趣味のこと
<< 動物も笑う!? 夏の終わる気配 >>