夜のローカル線
星のない夜。ローカル線の駅に停車している電車。人気(ひとけ)のない時刻。電車は闇に溶け込んで、明るい窓と赤いテールランプで漸(ようや)くそこにいることがわかる。何となく惹かれる写真。見ていると、窓際の席に座り、窓枠に肘をのせ、頬杖をついている自分の姿が浮かんでくる。学生の頃、夜行列車でひとりで旅行していたとき、そんな風に座って、ぼんやりと窓の外を眺め、遠くの家や車の明かりがゆっくりと近づき、そして暗闇に消えていくのを何時間も眺めていることがあった。
e0060278_20475298.jpg
A starless night. A train is at a station in the countryside, which at this hour is deserted. The train blends into the darkness, with only the bright windows and the red tail lamps showing it is there. I'm attracted to this photo for some reason. While looking at it, I can't help imagining I'm sitting in a window seat on the train, resting my elbow on the windowsill, with my chin on my palm. While in college, I sometimes traveled alone by night train and sat that way, looking aimlessly outside and watching for hours the lights of cars or houses in the distance first slowly approaching and then receding into the darkness.
 
[PR]
by cbx400fk | 2006-11-12 20:51 | 色々なこと
<< カモメのカップル 悲劇 (あるいは 喜劇) 発生 >>