次の英文をアップするまでのつなぎですが
直前の2つの英文について、どのように添削されているか紹介します。
丁寧に添削してもらっています。添削箇所の多い少ないは気にしていません(といっても、ケアレスミスはなくしたいですが)。添削個所が多ければたくさん学習できたような気がしますし、少ない場合は、自信がなかったけどそれで正しかったと確認できた箇所が学習ポイントになります。



提出時、どの個所が修正や追加されそうか予想しています。その修正予想箇所と、それ以外の修正個所が学習ポイントになります。特に後者の修正箇所はなぜそのように修正や追加されたのか自分なりに納得するようにしています。

アンダーライン...削除、赤字...追加。 赤字を除いたのが提出した英文になります
(そのうち細い赤字は修正や追加されるかもしれないと予想していた箇所。といっても必ずしも赤字の通りに修正や追加されることを予想していたわけではありません)

●7月11日 地球防衛システム の英文 
提出時 100 ワード、添削後 102 ワード
An asteroid as large as a half-mile in diameter flew by the earth this week. It passed just beyond the Moon's distance from our planet. I knew this from some news websites. Reading these articles about asteroids reminds me of an earth defense system I read about in a science fiction book. It saves the earth from catastrophic asteroid impacts and keeps operating even after humans disappear. Creating such an earth defense system may be the ultimate thing humans should do to atone for what they have done and will continue to do to the earth and all other life on it.

●7月15日の ネコ缶を携帯 の英文
提出時 100 ワード、添削後 126 ワード
I always carry a can of cat food in my bag in case I come across a hungry cat. I started keeping this unusual habit three months ago, and a the first poor hungry one animal appeared yesterday when I was walking home. It was sitting at on the edge of the sidewalk, and it meowed weakly at me when I was just about to pass by it. I knew immediately it was none not one of the stray cats fed by some of the neighbors around there, and I could tell that it desperately wanted food. I gave it the food I had been carrying for such an emergency, and I watched it devouring the food, devour everything. In my heart I was just hoping it would survive as long as possible.

(7月22日追記)
1つめの英文は添削箇所が少ないですが、添削箇所が少なくても1つの単語の置き換えやちょっとした表現の追加に「なるほど~」と思うことがよくあります。きちんとした添削の結果として添削箇所が少ないのであれば、添削してもらう意味がないなんてことはまったくありません。

2つめの英文はすごく丁寧に添削してもらっていると思います。例えば一番最後の「In my heart」はこれがないと文のつながりが悪くなります。提出時の英文では、ワード数に余裕がなく、かといって、いきなりここの文を I から始めたら前の文とのつながりが悪くなると感じたので、提出時のように強引に前の文に含めるかたちにしたのですが、それがやはりこのように修正されていると、単に文法的な間違いだけではなくて、このようなレベルで添削してもらっていることがわかります。こんな風な添削の積み重ねで最初の頃よりも英文を書く力が上がっていると感じています。
[PR]
by cbx400fk | 2006-07-21 21:20
<< 大音量なのに静寂の世界 ネコ缶を携帯 >>