路上のハト
きょう大胆なハトに遭遇した。2車線の田舎道を走っていたら、100メートルほど先のこちらのレーンにハトを発見。飛んでくだろう思いながら減速したんだけど、道路上の何かを無心につついていて動く気配がない。ついにハトの真ん前で停車。クラクション鳴らそうかどうか迷っていたら、その間に反対車線に歩いていった。車を発進させながら、そのハトが車に轢かれませんようにと思った。

e0060278_6562743.jpgI came across a bold pigeon today. I was driving the car along a two-lane country road, when I noticed a pigeon in my lane about a hundred yards ahead. I slowed down, expecting the bird would fly away. However, it seemed to be occupied with pecking at something on the road, and showed no sign of moving off until I finally stopped the car right before it. While I was wondering whether to sound the horn or not, the bird walked to the opposite lane. Starting the car again, I just hoped the pigeon wouldn't get hit by a car.

(追記)
このハトは少しどうかと思いますが、ユリカモメやサギも餌獲りに夢中になっているときは警戒心が緩むようです。
[PR]
by cbx400fk | 2006-05-22 21:00 | 動物のこと
<< 印象的な場面とそのときのひとこと 惹かれる理由 >>