この世界では 
この世界では何でも起こり得る。こう信じるようになったのは阪神大震災を経験してからだ。当時住んでいた神戸とその周辺の街が地震に襲われたは1995年の1月17日、人々が寝ているときだった。数十万棟の家が破壊され、およそ300の火災が発生し、6000人以上の人が命を失った。地震の前日、静かな夜を過ごしていつものように床に着くとき、誰がそんな悲劇を予想できたろうか。悲しいことに、先月再び災害がインド洋周辺諸国を襲い、このことを再確認させられた。(英文は2005年1月に書きました)

e0060278_2048445.jpgAnything can happen in this world; I came to believe this after having experienced the Great Hanshin Earthquake. It hit Kobe (where I was living at that time), and the neighboring cities on January 17th, 1995, while people were asleep in their beds. Tens of thousands of houses were destroyed or damaged, about three hundred fires broke out, and over six thousand people lost their lives. Could anyone have expected such a tragedy, the night before the quake, when they had spent a peaceful night, and went to bed as usual? Tragically, disaster struck again in the countries around the Indian Ocean last month, which has reaffirmed my belief.

(追記)
阪神大震災は上に書いていることとは別の点で自分にとって一つの転機になりました。
[PR]
by cbx400fk | 2006-01-15 20:49 | 思ったこと
<< 久々に聴いてみました 無題 (2/2) >>