ある意味Virtual Encounter?
自分の記憶の鮮明さ、生々しさにときどき感心する。たとえば、大きな駅など人混みの中にいるときのこと。知人に似た人に気づくことがあって、たいていはすぐにその知人でないとわかるけど、ごくたまによく見てからでないとそう判断できないときがある。そんな場合、その人をよく見ているとその特定の知人の記憶が甦ってきて、その記憶があまりに生々しいのでたった今その人にあったばかりのように感じたりすることがある。

e0060278_2338268.jpg(下の英文が原文で上の文はその訳文です)
Sometimes I'm impressed with my memory for vividness. Here is an example of that; when I'm in crowded places, like large railways stations, I sometimes notice people who resemble someone I know. Most of the time I instantly realize that they are not anyone who I know, but very rarely, I need to look at them carefully before I can reach that same conclusion. In this case, as I'm staring at them, memories of a certain person who I know come back to me, and the memories are so vivid that I even feel as if I've really just seen him/her.

(追記)
記憶の鮮明さに「感心」とか「あったばかりのように」とか、少し誇張してます(汗)。ここにアップする前に、添削のネィティブの人に理解してもらえることをまず念頭においていて、さらにワード数の制約もあるので、多少の誇張は良しとします(笑)。よくできた雪だるまに遭遇。
[PR]
by cbx400fk | 2006-01-11 23:46 | 思ったこと
<< 無題 (1/2) 桜 >>