洋書の楽しみかた
英語で小説を読むのはすごく楽しい。最大の理由は、英語で小説を読んでいると、読んでいるというよりもそれを見ているように感じるから。読んでいるあいだ中、登場人物が話したり泣いたり笑ったり、部屋の中や路上あるいは車の中で生き生きと振る舞う様子が目に浮かんでくる。こうした映像が浮かんでくるのは、書かれた英語の理解の仕方に理由がある。

日本語で小説を読んでいるときも同じことは起こるけど、常にではない。日本語の場合、特に次のページをめくるのが待ちきれないほど面白い小説の場合は次がどうなるか早く知りたくて急いで読むので、頭に何も描かないで話の筋を追っているだけのことが多い。この場合、ただ読んでいるだけに過ぎない。(それでも内容は完全に理解しているけど。)

それに対して英語で小説を読むときは、書かれていることを想像して頭に描くことが、内容の理解に不可欠なプロセスで、より早く理解できる方法でもある。自分にとって、英文は文章が表していることを映像化したほうが、日本語に変換するよりもずっと簡単で、より深くそして早く理解できる。この映像化のプロセスはほとんど無意識に行われ、読んでいるときに頭の中に次からつぎと映像が現れてくるので、実際に映画を見ているように感じるというわけ。こんなふうにして英語読書を大いに楽しんでいる。

e0060278_6374623.jpg(下の英文が原文で上の文はその訳文です)
Reading novels in English, my second language, is really fun for me. The main reason is that while reading a novel in English, I feel like I'm watching it instead of reading it. All the while I'm reading, I keep seeing the characters in my head as they speak, laugh, cry, or behave animatedly in a room, on the street, or at the wheel in a car. This visualization comes from how I understand written English.

Sometimes the same thing happens to me while reading a novel in Japanese, which is my mother tongue, but it's not always the case. When reading a novel in Japanese, especially a compelling page-turner, I want to quickly find out what happens next, and I often try to read faster, so that I end up just following the story line without using much imagination to visualize what I'm reading. In that case, I'm just reading it. (I still understand it perfectly, though.)

On the other hand, when I'm reading a novel in English, using imagination to visualize what is written on the page is, for me, an essential process and also a quicker way to understand it. I can understand an English sentence much more easily, better and more quickly by creating a mental image of what the sentence describes than by translating it into Japanese. This visualization process is almost automatic to me, and having images in my mind one after another while reading makes me feel like I'm watching a real movie. I truly enjoy this reading experience.


(追記)
これは過去の話です(汗)。一時期は、上のように感じていたときがありました。当時その印象がすご強かったので、そのことを英語で書いてみた次第です。今は(いつ頃からかわかりませんが)、英語の小説を読んでいても「すごく楽しい」ということもなく、page turnerな小説は、日本語の場合と同様ほとんど話の筋を追っているだけのことが多いです。
[PR]
by cbx400fk | 2005-11-01 21:55 | 趣味のこと
<< アクセスが劇的に増えたワケ 夢の超特急 >>